タンタラスの丘|ハワイフォトツアー/ロイヤルカイラ

tel. 050-5807-3641 050-5807-3641
日本国内の受付電話番号(受付時間11:00~17:30 )

タンタラスの丘

観光ガイド

SIGHTSEEING TOUR MAP

タンタラスの丘

タンタラスの丘

ハワイの絶景ビューポイントとして外せない観光スポットの1つが、タンタラスの丘です。
少し分かり辛い場所にあるため、ハワイ初心者は迷ってしまうことも。観光フォトツアーでファミリーフォトやカジュアルフォトを撮影する際は、ぜひドライブがてら道を覚えてください。昼間に一度来ておくと、夜、レンタカーで夜景を見に再度足を運ぶことも不安ではなくなるでしょう。

ハワイの観光ツアーやオプショナルツアーでもおすすめのタンタラスの丘は、デートやファミリー、友人連れで。昼間もサンセットも夜景も、それぞれにおすすめです。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

タンタラスの丘の見どころ

タンタラスの丘は、景観の良いおすすめビュースポットです。ダウンタウンの高層ビルや、ダイヤモンドヘッド、ワイキキの海、ホノルル空港。青い空が映える昼間の景色も、オレンジ色に染まるドラマティックなサンセットも、キラキラと輝く宝石を落としたかのような夜景も、どれも素晴らしくそれぞれ違った雰囲気を見せてくれます。

ファミリーフォトやカジュアルフォトの撮影で訪れると、その景色に皆様撮影を忘れ、黙って見惚れる方もいらっしゃれば、感嘆の声を上げて感動を言葉にする方も。観光ツアーなどオプショナルツアーで来る方も多い、おすすめの場所です。

タンタラスの山頂には、プウ・ウアラカア州立公園があり、ここには休憩所や展望台が設置されています。休日の昼間はピクニックを楽しむファミリーや、展望台からサンセットを楽しむカップルが増えますが、日暮れ頃に閉園となりますので、夜景はタンタラスの丘でお楽しみください。夜は、観光客にも現地の方にも人気のデートスポットとなります。夏でも夜は肌寒くなりますので、羽織物を持ってお出かけください。

タンタラスの丘の歴史

コオラウ山脈の噴火で、ホノルルの北に隆起してできたのが、天然のテラス、タンタラスの丘です。
この場所を「タンタラスの丘」と呼ぶようになったのは、1840年頃。プナホウ・スクールの少年たちが長い長い急な坂を上りながらつぶやいた、「Tantalizingly out of reach(まだ着かないの、じれったい)」が由来になったと言われています。

ちなみに、ギリシャ神話に出てくるゼウスの子どもの名前が「タンタラス」です。彼は神(ゼウス)を試すという悪行をおこない、それに対して罰が与えられました。小川の水を飲もうとすると水が干上がり、頭上の果実を取ろうとすると枝が遠のいてしまいます。もう少しで着きそうなのに、なかなか辿り着かない丘の頂上と似たもどかしさを感じさせるお話です。

タンタラスの丘の基本情報

タンタラスの丘は、ワイキキからマッカリー通り、ワイルダー通りを経由して行きます。マキキ通りを山側に進むと、3分岐の道に出ます。「マキキ・ハイツ・ドライブ」と「ラウンド・トップ・ドライブ」と「マキキ通り」の3つのうち、真ん中の道「ラウンド・トップ・ドライブ」を進んでください。そこからは道が狭くなり、連続カーブが続きます。分岐点からタンタラスの丘までは5分程度の道のりです。

治安の良いエリアではありませんので、あまりにも遅い時間に訪れるのはやめましょう。遅くても20時までには訪れてください。時間帯に関わらず、車上荒らしには要注意。車の中に物を置かないよう気を付けてください。カーナビさえも盗られてしまうことがあります。

タンタラスの丘(TANTALUS)

住所
Tantalus Dr. Honolulu, HI 96813
地区
マノア(ヌアヌ・パリ)
開園時間
24時間(治安が悪いため20時までを目安にお越しください)
休日
なし
アクセス
ワイキキから車で約20分